交通事故による休業保証についてしっかり保証されない

Q、交通事故による休業保証をしっかりしてくれません。こんなときどうすればよいのでしょうか?

私は交通事故の被害者です。
怪我をしてしまったため病院に通っているのですが先方の保険会社からそろそろ症状固定で示談にしてほしいと言われました。
でも実際に怪我の痛みなどが良くなっていないので、まだ病院に通っていかなくてはなりません。
それを保険会社に話したところ、症状固定として打ち切る以上はそれ以上の休業保証などについても支払うことができないので、それ以降は自腹を切って欲しいと言われました。
でも実際に事故に遭って怪我を負い、まだ通院が必要なので病院に通いたいと思っています。

その間、当然仕事は休まなければならないので、休業保証がもらえないというのはとても困ります。
保険会社から上記のように言われてしまった場合には、これは飲み込むしかないのでしょうか?
それ以上治療を受けたいと思っていても休業保証がもらえないのであれば仕事に出ないとお給料が入れずに生活ができません。
それを保険会社に伝えても、長期間病院に通っていても症状が改善しないため症状固定になりますの一点張りで、それ以上話が進んでいきません。

A、きちんと抗議をして十分な保証を受けましょう。

保険会社というのはできるだけ短い期間で通院等を終わらせ、示談を成立させたいと思っています。
自分たちが支払う金額が少しでも少ない方が良いので、骨折などがなければ2ヶ月か3ヶ月程度で症状固定を行ってくるのですが、このような保険会社の話を全て聞き入れる必要はありません。
通院する必要性があるとドクターが認めれば、当然ながら通院することは可能であり、この費用についても保険会社から保証してもらえます。
また、通院に関して仕事を休むということになればそこで発生する休業保証についても原則的に保険会社が保証しなければなりません。

ただし上記のとおり保険会社は出来るだけ少ない金額で示談を成立させたいので症状固定が早ければ早いほど助かります。
また、こちら側が素人ということで保険会社はなんとか丸め込もうとするのですが、必ずしも保険会社の言うことを聞き入れる必要はありませんので、まずは保険会社にこれからも病院に通いたいことと、仕事を休まなくてはならないことも話しましょう。
またその際に保険会社が聞き入れてくれないようであれば弁護士さんに相談しますと伝えると良いです。

これだけで態度を変える保険会社もあり、実際に保険会社が対応してくれないようであれば直接弁護士に相談しましょう。
治療が必要だということになればその期間の休業保証をしなければならないのは当たり前のことですから、こういった部分について弁護士さんから保険会社に話をしてくれます。
また混み合っている病院などの場合には事故の患者の支払いについて、保険会社から後々支払われる仕組みですからその場でお金にならないため、病院側としても、早い段階で症状固定と言ってくることがあります。
こういった部分についても感じた痛みを訴えているにもかかわらず症状固定にしてしまうのは、本当に正当な診断なのかどうかを弁護士から医療機関側に確認してもらうことができますので、こういった部分からのも医療機関としては今後通院する必要性があるといった方向性に切り替えてくれる可能性が高くなります。

休業保証については通院した日数だけでなく実際に仕事を休んだ日数で計算されることになっていますので、こういった部分も弁護士さんから話をしてもらうと良いでしょう。
当然ですが休業保証を計算するときにはこれまでの給料などを参考にします。
その際には給料明細や源泉徴収票等を提出し、実際に働いている場合と同じだけの保証が受けられるように保険会社側と話しましょう。