交通事故ではないけど車を蹴られた

Q、車同士の交通事故ではありませんが、信号で止まっていたところ歩行者に車を蹴られました。

先方の保険などは使えないのですが、どのように保証をしてもらえば良いですか?

つい先日のことですが、交差点で車を停めていたところ突然歩行者に車を何度も蹴られてしまいました。
驚いて車から降りて歩行者を止めるようにした上で警察をすぐに呼んだのですが、車を蹴った歩行者の方がお酒に酔っていて、その場では冷静な話をすることはできませんでした。
まずは警察にお願いした上で先方の連絡先を教えてもらえるようにその場で話をして僕は帰宅したのですが、本人は酔っ払っていたということで覚えていないことを主張しています。

もちろん車同士の交通事故ではありませんので、先方の保険などは使うことができず、僕の車が大きくへこんでいるので、これを修理する際の保証について、どうやって請求すれば良いのか悩んでいます。
警察に聞いてみたらこのようなケースは保証に関しての部分は不介入になってしまうので当人同士で話をしてもらうしかないと言われ、連絡をしてみたところ、覚えていないので保証する必要もないだろうと言われて電話を切られてしまいました。
でも実際に僕の車は傷ついているし、交通事故ではなく、僕にはなんの非もないのでしっかり修理費用を支払ってもらえないと困ります。

A、少々面倒な手続きなどもありますが弁護士を通じて先方への請求を行いましょう。

上記のようなケースで歩行者を本人がお酒に酔っていて覚えてないと言ってもその場で警察を呼んでいますので、まずは歩行者が突然車を蹴ったという事実は残っているものとして扱われます。
例えその後になって覚えていないと言っても車に残されている車靴の跡などから徹底的な部分まで調べていけば、間違いなくご本人がやったものだと言うことになるでしょう。
今のところは本人同士が話をしている状態ですので、先方も覚えていないということを理由にしていますが、間に弁護士が入ってくると話は変わってくるため、どうしても先方に保証する気が無いようであれば、こちら側として弁護士を立てましょう。

その上で車に残っている傷などから靴の形なども調べてもらえるように警察への調査を依頼し、全て証拠を押さえた上で必要な費用を請求しますと伝えてもらうのが1番です。
もちろんその際には言い逃れをすることはできず、これまでに何度も言い逃れをしたことによって車を傷つけられた被害者に対しての慰謝料等が発生することも伝えてみると良いでしょう。
その段階で素直に自分のやったことを認めて車の修理費用を弁償すると言ってくるケースがほとんどです。

もちろんそれでも認めないようであれば実際に弁護士さんを通じて今後についても考えていくのが1番ですが、基本的には車の修理に必要となる費用を全面的に負担してもらうといった形で話し合いが成立するものといえます。
怪我をしているなどの訳ではありませんから、慰謝料は請求することができない可能性が高くなりますが、あまりにもやったご本人が認めずに話し合いの完結までが長引いてしまった場合には車を傷つけられた被害者の精神的な部分も考慮されることがあります。

まずはご本人に連絡をした上でどうしても認めようとしないのであれば、弁護士を立てて本格的に車の弁償や修理費用のについて話をしていくつもりであることも伝えると良いでしょう。
こういった姿勢を見せるだけでも先方は最低限の保証をしてくれるようなスタイルに切り替わる可能性が高いと言えます。